美肌道

最終話 美肌道とは、お肌を育み、自分自身を育むこと

 

毎日コツコツが『美しい素肌を育むスキンケア』の一番の力になる!

 

 季節の変わり目は、お肌の変わり目。お肌も人生同様、山あり谷ありです。晴れの日もあれば雨の日もあるように、お肌の調子も良い時もあれば不調の日もあります。美肌を手に入れるコツは、お肌の様子を見守りながら、囚われ過ぎずに毎日コツコツケアを続けること。継続は力なりって本当ですぞ。

 お手入れの基本は洗顔です。これは毎日の習慣ですよね。この“毎日の当たり前”のケアをどこまで重要視し、丁寧に続けられるかということが美肌道の分かれ道です。

 規則的に継続する理に適ったケアは、たった数週間続けることですら、その差を見せつけます。ましてや数カ月、数年、数十年と時を重ねれば、その分だけ効果が歴然とし、大きな違いを見せつけます。

 

お手軽・簡単・即効性に食つき過ぎて、肝心なところを見落としていませんか?

 

 最近よく感じることですが、現代は結果を急ぐ傾向が非常に強くなっているようです。もちろん、すべてにおいてとは言いませんが、こと健康や美容に関しては、忙しい日々を送る人たちほど即効性や簡単さを重要視する傾向が強いのではないでしょうか。

 では、そういったお手軽・簡単・即効性のアイテムやメソッドから実際に満足のいく結果が得られているのでしょうか? きっとイエスと答える方も、ノーと答える方もいらっしゃるでしょう。しかし、その中のイエスという答えに、1年、3年、10年と結果を持続できるかと問えば答えは大きく違ってくるかもしれません。 

 もちろん、お手軽・簡単・即効性アイテムは大歓迎です。しかし、美容・健康に関するものを新たに取り入れるときの判断基準として、そればかりに重きを置くことは、結局は回り道になると思うのです。

 

美容・健康は「確かな結果」「安全性」「将来性」で選び取る

 

 では何をいちばんに優先するのかと言えば、「確かな結果」です。そして、「安全性」、「将来性」です。これはすごい! と感動できる結果をある程度体験し、もし、身体にも安全と判断できて、長期的に見て根本改善になると見込めたなら、はじめて手を出したいと思います。

 結果の早いものや、簡単なものは大いに結構です。実際、ここでお勧めしている角質ケアも1回のケアで大きな効果を発揮します。しかし、本当にすごい結果はその先にあるのです。

 肝心なのは、美肌を目指すにも、健康を取り戻すにも、納得のいくメソッドやアイテムをみつけたら“そうなるまで適切な行動をとりながら自分を待つ”ことを、ある程度以上継続できるかどうかなのです。

 こうして育むことの喜びを知ったとき、“継続は力なり”という体験が言葉を超えて驚きと感動を与えてくれます。美容が哲学になる瞬間です。

 

対症療法的な美容は、すぐに限界が訪れる

 

 しかし、多くの場合は「そうは言ってもね…」とか、「わかってはいるけど現実には難しい」と諦めます。こういった思いに応えるべく、この資本主義社会では、「使えばすぐにきれいになる」、「すぐにシミを隠せる」、「簡単にシワを隠す」といった即効力、高い効果を謳った化粧品が続々と発売され、現代の美容の概念や常識が作られてきたように思います。簡単に言えば「塗る、隠す美容」です。特にスキンケアはお肌に「与える」という方法が主流となっています。こういった対症療法的な美容が“望まれた結果”として現代の美容の在り方を作ったのではないでしょうか。

「塗る、隠す美容」は、その場しのぎだけならまだしも、たいていの場合は、多くの油を使った化粧品を使うことになるので、結果的にはお肌に負担をかけて、何倍速もの速さでお顔に加齢現象を引き起こすと思います。なんであれ、ヒトの身体で起こすシワ寄せは、お釣りが大きいのです。

 

美容は夢。しかし、現実を切り開くパワフルな本物もある!

 

 以前、ある美容編集者がこう言っていました。

「本当に効く美容なんて実はなくて、ただの夢や気分なんですよね」

 この方は10代の頃からニキビなどの肌トラブルに悩み、若い頃からそれはさまざまな美容法を試し続け、それが高じてお仕事でも美容にかかわるようになったという経緯がありました。彼女なりの期待や失望がたくさんあったのでしょう。それでも美容の仕事が好きと微笑む彼女を見ていると、なんだか切ないくらいでした。

 ところが、この会話のお陰であることに気づくことができたのです。それは、彼女の言うことにも一理あるけれども、絶対的な本物も必ずあるはず! という言葉ではとても表せないくらいに強烈な直感です。この世には本当に美や健康を与えてくれる美容があり、それを探し出せるはずだと。

 そして、実際のところ“本物”と呼べるものが、この世にどのくらいあるかは別として、私の願いは叶い、“本物”と確信できる美容・健康の知識やメソッドに出会うことができました。それは、「なんとなくいい感じ」といったレベルを遥かに超え、明らかなる実感と結果を伴った美容です。その一つがここで語り続けてきた角質ケアなのです。

 

『美しい素肌を育むスキンケア』の角質ケアは、古い角質を取ろうとしません

 

 この角質層ケアは、お肌の新陳代謝をサポートするために行う、非常に稀有なマッサージ法です。古い角質を取ろうとするのではなく、ほぐして浮かせてお肌の働きが弱ったところを手助けするもので、いわゆる巷に溢れる角質ケアとは一線を画するものです。

 このケアを行うと、通常たった1回のケアでも顕著な結果を見ることができます。しかし、それはほんの始まりに過ぎず、本当の結果はむしろ日を追うごとに大きく大きく現れてくるのです。

 最初は肌の色が明るくなり、リフトアップします。これだけでもすごいことですから大満足です。ところが“本物”はそんな域を軽々と超えてしまいます。

 

元のお顔を取り戻す。これが本当の若返り!

 

 角質層ケアを真剣に始めて2年くらい経った頃だったでしょうか、目の形と大きさがはっきりと変化しました。それは子供の頃に非常に近い状態でしたから、変化というよりは元に戻ったという表現のほうがしっくりくるかもしれません。

 以前、人はなぜ大人になると顔の要素がネガティヴに変化することが多いのだろうか? と疑問をもったことがありました。目の大きさが小さくなってきたり、ラインが崩れたり、鼻が厚ぼったく以前よりも大きく感じられたりすることが、自分を含めてやたらと目につくのです。これらの現象は太ることや、老化によるたるみとも少し違う感じで、妙な変化だと首を傾げていました。特に中年以降の方に団子鼻のようにお鼻がふっくらとしている方が多いことが、子供の頃不思議でなりませんでした。

 そしてとうとう長年の疑問が晴れる日がきたのです。答えはすべて古い角質にありました。目の周りはデリケートですからその分お手入れも難しく、鼻周りは皮脂が最も多く汚れが溜まりやすい。このようにして古い角質が溜まると、お顔のパーツにはまるで粘土を足して膨らませたり、形を変えたかのようなことが起こっていたのです。こういった変化は長年かけてゆるやかに起こりますから、ご本人も気づくことができないほどにナチュラルに変貌を遂げてしまうのです。

 

どんなお肌でも、何歳からでも、肌機能を育むことが可能なんです!

 

 こうした変化変貌の原因となる、お手入れ困難ゾーンの古い角質も、毎日の洗顔を見直し、それを当たり前に続けていくことで取り去ることは夢でありません。古い角質イコール加齢現象という公式をみつけたとき、角質ケアを成功させることができればお顔を若返らせることができるという答えを引き出すことができました。

 そしてもう一つの大きな発見は、お肌の上の余分な古い角質をケアしながら、サポートしていくと、お肌の機能そのものがアップしてくるということです。そうです。お肌はある程度、根底から若返ることがなんと可能なのです! ですから健康さえ保つことができていれば、ケアは年々らくになっていくとも言えます。

 しかも、年齢制限はありません。事実、私の講座に参加してくださった69歳のご婦人は、何年も消えなかった大きなシミが2週間で消え、お顔がリフトアップして可愛らしい表情に変化しました。もちろん、個人差はありますが、今のあなたのお肌よりきれいになるということは言えるはずです。

 お肌の秘密に到達し、若返っていくには吐き出す力が出てくるのを待ちながら、新陳代謝をサポートして、肌力を育み続けることです。結果を急ぎ過ぎないから得られるものがある、「継続は力なり」、そして「継続は宝なり」というわけです。

 私の『美肌道』に終わりはありませんが、この連載はこれで最終話となります。これまで読んでくださった方々に心から感謝致します。また、いつかその後の美肌道を書くかもしれません。そのときはまた美肌どっぷりでいきましょう! 

 皆様の美肌と幸福を心よりお祈り致します!!

 ありがとうございます!!!