指のひび割れをしなくなるコツ

冬は指先が割れて家事が辛いという方もいますね。

 

気温が低下し、空気が乾燥する季節は

 

より、注意すべきお肌のポイントがあります。

 

それは、

 

とにかく数秒でもお肌が濡れた状態にしておかないこと。

 

例えば、お料理をしているとき、

 

ゆで卵を水で冷やして皮を剥き、

 

それをスライサーで切るとしたら・・・

 

スライサーで卵を切る前に一度手の水分を完全に拭き取ります。

 

 

お蕎麦を茹でて、水にとって引き締めたら

 

ザルに上げて、すぐに手の水分を拭き取ります。

 

まるでコマネズミのようにちまちまと手を拭きながら作業するのです。

 

一度のお料理タイムで何十回もです。

そんな面倒なことはしていられない! 

 

と思う方もあるでしょう。

 

しかし、これは慣れです。

 

手の水分を常に拭き取るということを当たり前の習慣として

 

慣れるまでに、私は3日くらいで定着しました。

 

そして、このことで毎年冬にお炊事をすると指がひび割れていましたが

 

以来、一度もそうはならなくなりました。

 

 

これは、手の上の水分が冬の空気の乾燥により、

 

急激に奪われ、また冷やされることで起こっているようです。

 

 

ひたすら手の水分を拭き取る方法は、

 

とてもきれいな手をキープしている「手タレ」さんが行っていることです。

 

手のモデルさんなので、いつも完璧にきれいにしておかなければならないのですが、

 

この方法で、家事をバッチリ行いながら、手タレもバッチリということを

 

可能にしていたのです。

 

 

私は一年中、このルールで暮らしています。

 

手はとても使用頻度の高いツールでもありますが

 

女性にとっては第二の顔とも言えるパーツです。

 

年齢を感じさせない、でも、家事もきちんとこなす手をキープすることは

 

大人の女性にとって大切なことだと感じます。

 

そしてなにより快適でいられるということです。

 

ぽちっとお願いします(^▽^) 

 ↓   ↓   ↓


にほんブログ村